残業代請求についての悩みは法律事務所に相談して解決しよう

ガッツポーズの男性

事後申請でも管理職でも残業代請求ができる場合があります

業務指示に基づいて業務を実施した結果残業が発生した場合は、かならずその残業は支払われることになっておりますので、残業代請求ができます。
上司の業務許可が事前必要なルールを設けている職場も多いですが、諸事情により事前に申請許可を得られないまま残業となっても、同じく残業代請求ができます。
それぞれの職業や会社によって事象は異なるでしょうが、ほとんどの場合残業はないか、あらかじめ上司に申請することができるタイミングで業務の完了が見えた状態で業務出来ますが、帰宅時刻直前に急なトラブルなどにより、上司の許可を取れずに残業を実際に行わないといけない状況も発生します。その場合でも事後承認、あるいは承認なしでも残業代は請求ができます。
また、管理職も通常は残業代がない裁量労働制をとっている職場でも、労働基準法により深夜22時以降の業務に関しては残業代請求ができます。
もし上司から「事前申告・許可がない場合は残業として認めない」や「管理職は基本残業代は出ない」と言われて取り合われなかった場合は、実際に残業をした記録をもって法律事務所に相談してみてください。残業の記録とは該当時間の時刻が入ったFax、e-mailなどすべて対象になります。

注目記事

事後申請でも管理職でも残業代請求ができる場合があります

業務指示に基づいて業務を実施した結果残業が発生した場合は、かならずその残業は支払われることになっておりますので、残業代請求ができます。上司の業務許可が事前必要なルールを設けている職場も多いですが、諸事情により事前に申請許可を得られないまま残業となっても、同じく残業代請求ができます。それぞれの職業や…

MORE

未払い残業代請求の一般的な流れとは

「未払いの残業代を請求したいけれど、手続きの方法がわからない」という方におすすめなのは、弁護士に依頼することです。個人では難しい残業代請求の申請手続きも、法律の専門家である弁護士であれば簡単に行うことができます。残業代請求について悩んでいる人や、残業代請求の大まかな流れについて知りたい方に向けて、参考にし…

MORE

新着情報

  • 残業代請求に時効はある?注意すべきポイントとは

    1日に8時間以上、あるいは週に40時間働いた場合、残業代が支払われるというのは法律で定められていますが、働く環境によっては、サービス残業と呼ばれる事態が発生していることも珍しくありません。真面目…

    MORE
  • 残業代請求に必要な証拠とは何があるのか

    年棒制など、勤めている企業や組織の給与形態によって残業代が支払われないということは、残念ながらあるようです。このような事態が起きた場合、多くの社員の方は、会社や上司とトラブルになるのを避けるため…

    MORE

最新記事一覧